マスカラでパンダ目

これからの季節、汗をかくことも多くなり、マスカラ愛用者にはパンダ目になるのが怖いですね。また、海で泳ぐこともあるでしょうし、最近流行のスパでもマスカラには悩ませれますね。
パンダにならず、もっと長く、もっとくっきりと、そしてカールが落ちない、色が落ちない、滲まないマスカラが欲しいですね。
パンダ目になってしまう理由は主に2つあり、涙や汗などの水分が原因の場合と、目を擦ったり、下まぶたにマスカラをつけたまつげが触れて、皮脂がマスカラについてしまう油分が原因の場合です。

落ちないマスカラのテクニック

涙や目薬などの水分で、下瞼や目尻などにマスカラが滲んでしまうことがあります。水分が原因のパンダ目は、ウォータープルールマスカラやフィルムタイプマスカラを使用することで解決できます。
目の際まできちんとファンデーションが塗られていないということも、油分によるパンダ目の大きな原因です。リキッドファンデーションを使用している方は、パウダーファンデーションやルースパウダー、もしくは、パウダータイプのアイシャドウ(ベースカラー)で目の周り(特に下まぶた)をしっかりカバーし、目の回りの皮脂を抑えましょう。
まつげがしっかり上向きにカールアップできていないと、目を閉じたときにまつげが下まぶたの皮脂に触れ、パンダ目の原因になる恐れがあります。ビューラーやカールアップ効果のあるマスカラ下地を使用して、まつげをしっかり上向きにカールさせ、キープしましょう。

デジャヴュファイバーウィッグ

デジャヴュファイバーウィッグは、たっぷり塗りながらすっきりとかせるハイパワーブラシ採用で、ダマににならず、自分のまつげがのびたような自然な仕上がり。センイの配合量は従来のマスカラの2倍(メーカー比)。今までにない、長いまつげが実現します。
また、フィルム状に固まる新処方フィルムコートリキッドを採用していますので、時間が経ってもパンダ目になりません。
さらに、塗る時に目の周りについてしまっても、乾いてから綿棒でこするときれいにはがれます。
汗・水に強いウォータープルーフなのに、普段のクレンジングで簡単に落とせます。

スポンサードリンク